Katshumi OkawaYoshiyuki TanakaJun KumagaiBobby OtshukiHaiji ShimizuYuji NakamuraEtsuro YamaguchiAki MurakamiSatoshi MoromiMisa HosoyaShu Funada
Masahiro KatoKeisukie AsamiHideyuki OsadaAki YamadaMasashi FujiiMayumi TakabayashiSteve Ulicny
Uichi KajiyamaRisa AritaYuichi UesugiTakashi TsuchiyaRobert LancyMasami KatsumotoSoichiro Fujishita
Mikio WanibeYasuhiro MeraHideaki UnoMotohiro TakedaAtsushi KobayashiTakuya WadaKiyotaka SekineMashiro KatoMichikazu NaritaSaki Osawa
Individual Vol.1
Home> Contents vol.2> Individual vol.1> Individual vol.2> Individual vol.3> Individual vol.4
武田宗大

トランペットプレイヤー・ブラスインストラクター・作編曲家

「人にやさしく、技術に厳しく」

小学1年生からピアノを始め2年弱で辞めてしまったものの、小3の時、トランペットとの運命的な出会いをし、川崎市立浅田小学校の創立30周年記念に、新しく出来たブラスバンドクラブに入部。
その後、関東学院中学に入学し、本格的にマーチングとドラムコーにはまっていきました。
18歳の夏だった1990年にDCIの観客として渡米し、衝撃をうけます。
92年のマジソンスカウツのオーディションにソプラノビューグル(トランペット)で合格し、大学を休学して参加。
エイジアウトした後一時期、廃人に。
そして新たにジャズ、特にビッグバンドに目覚め勉強を始めるのと同時に、ベイマックスという、当時横浜に出来た新しいドラムコーの指導も始めます。本格的に本場のジャズイディオムを勉強したく、ジャズの本場アメリカへ渡る事を決意。1年半程の留学準備の後、Berklee College of Music(以下バークリー音大)へ。 作曲のおもしろさに目覚め、在籍していた4年間の後半はジャズ作曲の授業をほとんど隈無く履修。
バークリー音大卒業後はそのままボストンに滞在し、在学中より続けていたプロとしての演奏活動を1年間継続。
2004年夏に帰国し、2年半程は母校にてコーチの経験を積み、2007年度からは、現在の神奈川県立湘南台高校吹奏楽部White Shooting Starsなどで、金管楽器のプレイングテクニック(奏法技術)とアンサンブルテクニック(合奏技術)の双方の技術的な部分を中心に指導。
普段から一番大切にしているモットーは、「人にやさしく、技術に厳しく」。出来るまではやさしく諭し、出来てからは厳しくそれらを継続的にチェック。初心を忘れずに情熱と根気を持ち、取り組んでいるとおっしゃっています。
(2009年3月)

Copyright©2007 Drum Corps Fun All Rights Reserved.