Katshumi OkawaYoshiyuki TanakaJun KumagaiBobby OtshukiHaiji ShimizuYuji NakamuraEtsuro YamaguchiAki MurakamiSatoshi MoromiMisa HosoyaShu Funada
Masahiro KatoKeisukie AsamiHideyuki OsadaAki YamadaMasashi FujiiMayumi TakabayashiSteve Ulicny
Uichi KajiyamaRisa AritaYuichi UesugiTakashi TsuchiyaRobert LancyMasami KatsumotoSoichiro Fujishita
Mikio WanibeYasuhiro MeraHideaki UnoMotohiro TakedaAtsushi KobayashiTakuya WadaKiyotaka SekineMashiro KatoMichikazu NaritaSaki Osawa
Individual Vol.1
Home> Contents vol.2> Individual vol.1> Individual vol.2> Individual vol.3> Individual vol.4
大澤沙希

インストラクター

「結果はどうあれ、少なくとも、自分にも挑戦することは出来る」

小学校3年生で金管バンドクラブに入部。 その時の金管バンドクラブの顧問が米谷学先生。小学校では3年生~6年生までの4年間、金管バンドでマーチングをやりアルトホルンを担当。 小学校を卒業後、一般バンドのYOKOHAMA ROBINSに入りメロフォンを担当。 小学校4年間で、米谷先生が赴任されて、金管バンドを立ち上げなおしたのが1年目の3年生、3年目の5年生で全国大会初出場、4年目の6年生の時に全国大会2回目。ROBINSで5年目の高校2年生の時に、ROBINSとして初めて、全国大会に出場。バンドが大きくなっていく過程にメンバーとして参加できて、本当に幸せとのこと。
2002年頃漠然と「CADETSのメロフォンに入りたい!」と思うようになり、とはいえ自信がなかったが、1歳上の知り合いが立て続けに3人、DCIに参加したのを機にその人達の話を聞いて、そのバイタリティーと行動力に衝撃と驚きを覚えつつ、心の中で「結果はどうあれ、少なくとも、自分にも挑戦することは出来る」と確信。 11月末から数回のオーディションを経て、めでたく04'CADETSのメンバーとなります。 CADETSでは本当にたくさんの事を学んだが、根本はアメリカも日本も同じとおっしゃいます。
小学校のお手伝いをされるようになったのは、2002年の夏頃。 「メンバーの子たちが1年という月日を費やす作品を、自分は作っている」という責任を、絶対に忘れてはいけない、もし最後のSHOWになっても悔いのないコンテを書くこと、メンバーの1年を背負って立つ。それがデザイナーとしての覚悟とおっしゃっています。
(2009年3月)

Copyright©2007 Drum Corps Fun All Rights Reserved.