Katshumi OkawaYoshiyuki TanakaJun KumagaiBobby OtshukiHaiji ShimizuYuji NakamuraEtsuro YamaguchiAki MurakamiSatoshi MoromiMisa HosoyaShu Funada
Masahiro KatoKeisukie AsamiHideyuki OsadaAki YamadaMasashi FujiiMayumi TakabayashiSteve Ulicny
Uichi KajiyamaRisa AritaYuichi UesugiTakashi TsuchiyaRobert LancyMasami KatsumotoSoichiro Fujishita
Individual Vol.1
Home> Contents vol.2> Individual vol.1> Individual vol.2> Individual vol.3
藤下 宗一郎

アレンジャー
トロンボーンプレイヤー

「僕だからこそできる事がある」

幼稚園の頃からピアノを習い、小学校で金管バンドクラブに入りトランペットを始めました。中学の吹奏楽部ではチューバ、高校ではトロンボーンを担当。高校3年生の時に学生指揮者になり独学で編曲を始めました。
高校卒業後は消防士になりその傍らで消防音楽隊に所属。マーチングとは高校の時に出会い、とにかくカッコイイと思い、卒業後はHAMAMATSU WILD WINDSにも入隊し6年間在籍しバリトンを担当。
高校でアレンジをやってみたのをきっかけにもっとちゃんと勉強したいと思いプロのアレンジの先生に個人レッスンを受けました。高校卒業後2年目の時、母校の定期演奏会のマーチングのアレンジを依頼され初めてアレンジを本格的に始めました。
HAMAMATSU WILD WINDSを辞められてからは地元のビッグバンドに入りました。
そして10年やった消防士の仕事を辞め、専門学校に入り、トロンボーンと、作曲とアレンジの勉強をされ、今年卒業されました。クラシックとポピュラーのレッスンを受け、そこで学んだことは吹奏楽にも、マーチングにも、全てに活かせることで、音楽の捉え方や聴こえ方が変わり、音楽がまた楽しく、好きになったそうです。様々なジャンルで活動している藤下さんだからこそ出来ることがあると思うし、今後はそれを活かした活動を展開していきたいとおっしゃっています。
(2008年3月)

Copyright©2007 Drum Corps Fun All Rights Reserved.