band information vol.2
Home> Contents vol.1> band information vol.1>
YOKOHAMA ROBINS

ヨコハマロビンズは、横浜市立小坪小学校の卒業生が「卒業してもマーチングを続けたい」という願いから、OBバンドとして1990年に23名でのスタート。今では鮮やかなブルーに七色に光るスパンコールのユニフォームが定着しておりますが、結成当時はなんとグリーンのトレーナーにGパンで地域のイベントに参加していたという今のロビンズから考えられない面白いお話を、取材の中でお聞き出来ました。

今では全国大会常連団体となりましたが、マーチング協会主催の大会には結成7年目の1997年に初めて出場、3年間は低迷期が続いたとの、隠しざる苦労もあったようです。2000年よりクラシック題材を取り組むことでその実力がようやく開花。県大会では第1位を獲得。関東大会でも「あの団体は一体何?あんな実力あった?」などと噂になったのを記憶にある方もいらっしゃるでしょう。

やはりロビンズの魅力と言えば、他にはマネが出来ない美しいサウンドです。しかも、取材をして分ったことですが、バンドの約半数を中学生が占める中で、あれ程の素晴らしいサウンドを奏でているから驚きます。

現在では、FIFAワールドカップやWBCなどの国際大会を始め、テレビ出演にも積極的に出演をこなし、マーチングを世間に広める重要な役割を担ったバンドとなっております。
(2006年3月)
Copyright©2007 Drum Corps Fun All Rights Reserved.